営業

柴崎 桃⾹

2021年新卒⼊社

⼤学でコミュニティデザインを学び、地域の課題解決を⽬指し⼊社

 

Q:なぜ、⼭形県を拠点とする会社で働くことにしたのですか。

柴崎:⼭形県で⽣まれ育ち、⼭形で就職したかったからです。
⼤学時代、⼭形市の⼤学でコミュニティデザインを学んでいました。研究テーマは、私の地元‧⼭形県尾花沢市にある徳良湖を盛り上げるべく活動する⼈々と、観光やレジャーで訪れる⼈をどう結びつけるか。この研究をとおして、地域の抱える課題を解決するための⽅法を学ぶことができたと思います。
⼤学時代は⼭形とかかわる機会が多かったため、その経験を活かせそうな、⼭形を拠点に地元へ貢献している会社を探していました。

 

Q;数多くの会社があるなか、なぜ共栄印刷に⼊社したのですか。

柴崎:グラフィックデザインではないのですが、⼤学でデザインを学んでいたことが理由のひとつです。印刷会社に⼊社すれば、⼤学での学びが活かせそうだと思いました。
共栄印刷ではデザイナーと営業の求⼈がありましたが、私は営業職で⼊社しました。⼤学時代では⼭形との関わりや、地域の課題解決のプロセスを実践する機会が多く、営業で地元のお客様の抱える課題を解決していく上で活かせそうだと感じたからです。
また、少数精鋭ということもあり、社員同⼠の距離感が近くて仕事がしやすそうだったのもポイントです。実際に⼊社しても距離の近さは変わらず、和気あいあいとした雰囲気です。

 

Q:共栄印刷で社会⼈⽣活をスタートしてみて、⽇々感じることはありますか。

柴崎:⼊社後に、まずは研修がスタートしました。やはり研修のなかで、わからないことがたくさん出てきますが、そのときに相談できる⼈がいるのはありがたいことだと⽇々感じています。わからないことは質問しやすい雰囲気です。

 

Q:共栄印刷の営業は、どんな仕事ですか。

柴崎:お客様にとって⾝近な存在になれる仕事です。お客様とは⻑いスパンでお付き合いをしていくので、ただ仕事の話を進めていくだけでなく、⽇常会話や雑談も交えて親しくなっていく感じです。先輩社員を⾒ていても、なにげない雑談を重ねてお客様とコミュニケーションを深めています。⾝近に感じられるような、親しみやすい雰囲気がありますね。
同時に、コミュニケーションを取るなかで、お客様の抱える問題をくみ取る⼒も共栄印刷の営業には必要だと感じています。私も、徐々に⾝に着けていきたい⼒です。

 

Q:共栄印刷で⼀緒に働いている⽅は、どんな⽅達ですか。

柴崎:性格的には明るい⼈もおとなしい⼈もいますが、根っこの部分はみんな真⾯⽬です。少数精鋭の会社なので、ひとりひとりが強い責任感を持って仕事をしているからかもしれません。

 

Q:営業として、お客様とどのように接していきたいですか。

柴崎:営業にはコミュニケーションスキルが必要だと思うので、⽇々の仕事をとおして少しずつ⼒をつけていきたいです。コミュニケーションには話すことだけでなく、聞く⼒も必要だと思います。お客様の要望をしっかりと聞き、⾃分からも伝える⼒をつけたいです。

 

Q:地元‧⼭形の会社で働く良さは何ですか。

柴崎:⼭形県を拠点にしていることもあり、良い意味での地元らしさを感じる瞬間があります。先輩社員とお客様のやりとりのなかで、ときどき⽅⾔を聞くことも。なかには意味がわからない⽅⾔もありますが、その意味を聞くのは良いコミュニケーションになると思います。地元の会社ならではです。良い意味での地元らしさを、会社のなかにいて感じるのは意外でしたね。

 

Q:共栄印刷の営業として、今後の⽬標はありますか。

柴崎:まずは、⾃分の仕事をしっかり覚えて独り⽴ちできるようになりたいです。まずは⾃分の仕事を覚えてから、次の挑戦や⽬標が出てくるものだと思っています。

 

Q:就職活動中のみなさんへのメッセージをお願いします。

柴崎:地元‧⼭形県で働きたい⽅は多いと思います。そう思っている⽅は、なぜ地元で働きたいかをしっかり考えてみて欲しいです。⼭形が好き、だけでなく地元の抱える課題を⾒つめ、解決するためにどう働いていきたいか、考えることも⼤切だと思います。その思いと、会社の⽅向性が合致していれば、⼭形県に貢献するような仕事ができるのではないでしょうか。

 

TOP
TOP