One stop plus One!

データ入稿の手引き

  • HOME »
  • データ入稿の手引き

入稿データの検証

弊社では、オフセット印刷に最適なデータとして問題点がないか、入稿データが完成されているかチェックを行っています。DTPエンジニアがそれぞれの入稿データを体系的に検証し、細かなチェック体制を整えています。

またお客様の入稿データをオフセット印刷に導く為、それに伴うDTPデータ処理を行っています。
(一例として... ブラックオーバープリントの処理等)

もし問題点や不備が見つかった場合は、DTPオペレータが改善策をお客様にお知らせし、安心してご利用いただくためのサポート体制を整えております。

データチェックは印刷原稿としての仕様を確認するものであり、データの内容(デザイン等)に関する部分のチェックは対象となりません。

データチェックの内容

・お客様より提供いただいている出力見本を元に体裁・仕様の確認
・原稿サイズの確認
・データ内のカラーモード仕様の確認
・フォントのアウトライン化の確認
・余分なポイントの削除
・ブラックオーバープリントの確認
・データ内の画像仕様の確認(埋め込まれた原稿は対象となりません。)
・加工を含む原稿についての仕様確認
・CMYK インク総量が350% 以内であることの確認

Office系データ(Word・Excel・PowerPoint)でご入稿の場合

弊社にて印刷に適応したデータへの変換作業をします。
変換処理したデータは、「PDF・JPEG」にてお客様へメール送信しますので、変換したデータの確認をお願いします。
弊社よりお送りする変換後のデータをご確認いただき、お客様より「OK」のお返事をいただいた時点で受付日の確定となります。
受付確定しましたら、納期をメール送信にてご連絡いたします。

Office系データ変換について

データに問題や不備が見つかった場合

弊社のDTPオペレータが改善策をお客様にメール・お電話等でお知らせし、安心してご利用いただくためのサポート体制を整えております。

データの修正について

・原則としてお客様ご自身で修正をしていただきます。
・お客様のご依頼のもとに弊社がその不備を修正する場合においては、別途料金となります。

配置写真について

ドキュメント内に写真(画像)データをご使用されている場合

・お客様の責任において制作されたものであるとし、その写真を含むデータのチェックを行います。
(写真の解像度が印刷原稿として適応していない場合があります)
・配置(リンク)された画像データは、イラストレータファイルと同じ階層(フォルダ)に保存してください。
・イラストレータで画像の埋め込みをしますと、画像の解像度および写真の状態についてもチェックを行うことが出来ません。
・Office系データも同様に、画像の解像度および写真の状態についてもチェックを行うことが出来ません。
・画像の埋め込みは、お客様の責任においてご利用くださいますよう予めご了承願います。

お問い合わせはお気軽に TEL 0233-22-6516 受付時間 8:00 - 17:00 [ 土日祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 共栄印刷株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.